大きなメリット

かわいい犬

少子化や核家族化に伴い、毎日の生活の潤いとしてペットを飼う方が増えてきています。
ペットは子供の様な存在と言いますが、毎日の生活や不意の事故や病気、そして周りの方に万が一ご迷惑をかけた場合などに備えて、保険に入る方が増えてきています。
これには、大きく分けて2つの種類があります。
一つ目は病気・ケガに関するものです。
動物病院に行った際の費用に対し、掛け金プランに応じた保証をうけるもので、支払い時の費用が減額されるものと、後日、支払った費用の一部の返金を受けるタイプのものがあります。
もう一つは損害賠償に関する、ペット医療保険に付帯されるもの、単独で加入するもの、他のサービスに付帯されるものなどがあります。

ペット医療保険は、人間でいう医療保険、生命保険に相当するもので、犬種・猫種や加入時の年齢により掛け金が変わります。
また各社によって支払い対象となる疾患や請求携帯が全く違いますので、十分な検討が必要です。
ショップでの購入時に加入すると割引されるサービスもあります。
よく聞く質問として「全額支払い対象になる保険に加入すべきか」というものがあります。
ペット購入時には、掛かりやすい病気のリスクや、それらが発症しやすい年代、また散歩などストレス発散を十分にできる環境か、などを考えた上で決める必要があります。
損害賠償については、既に加入済みのものでカバーされている場合があります。
単独の場合と比べて請求の手間などに違いがあり、実際に使うケースを想定して決める場合が多いです。
ペットが家族になった現代において、安心して暮らすための保証の必要性が増しています。
定額・定率・実費など、様々な保証型を検討する事が求められています。

ピックアップ

  • 大きなメリット

    ペットの医療費が保険適用になるととても嬉しいものです。今までであれば、ペットの医療費を対象とした保険がなかったので実際に掛かる費用がとても大きかったのです。保障を適用できるようになって費用も抑えることができます。

  • 気になる保障内容

    気になる保障内容のメインは、動物病院での治療費や薬代です。また入院を必要とした時には、入院費も保障されるでしょう。保険のプランを付け加えると葬祭費用も保障内容に含める事も出来ます。その分、保険料は割増になります。

  • 注意点を知ろう

    人間の保険も加入する際には、重々確認が必要となります。ペットの保険も、きちんと保障が適用される時とそうでない時を確認した上で加入するようにしましょう。複数の保険を比較してみると決めやすいでしょう。

  • 給付の手続き

    実際に保障を必要とする時には給付手続きを取る必要があります。その際の給付手続き方法を、前もって知っておくと急な事態に慌てる事なく行えます。保険に関する資料はすぐに取り出せるところに保管しておきましょう。