婦人

安全に効果を得る方法

顔を触る人

費用よりも効果に注目

手軽に小顔になれるプチ整形としてボトックスが人気ですが、ボトックスは注入する量や質、医師の腕によって得られる効果は大きく異なります。小顔を手に入れるためにどのようにボトックスを活用すればいいのか、どのような点に注意すればいいのか、施術を受ける前にしっかりと把握して安全に小顔を手に入れましょう。ボトックスとは、ボツリヌス菌から抽出されたボツリヌストキシンという成分を薄めたもので、筋肉を麻痺させることができることから顔面痙攣の治療などに使用されていました。菌というと顔に注入することに抵抗を感じる人もいるでしょうが、治療に使用されているものは菌の持つ成分を何千倍にも薄められたものです。注射を数本打っても体に悪影響を受けることはないので、安心して施術を受けて下さい。ボトックスは、筋肉に直接注入することで筋肉の張りを抑えることができます。そのため、張り出たエラに使用すれば、エラを縮小させてほっそりとしたフェイスラインを手に入れることができます。ボトックスによる小顔施術は1万円から5万円程度で受けることができるので、美容整形外科施術の中では非常に手ごろだといえるでしょう。ただし、ボトックスの効果は3カ月から半年程度しか持続しないといわれています。定期的にボトックスを注入する必要はありますが、半年に一度施術を受ければ小顔を維持することができます。また、定期的に注入することで筋肉が自然と小さくなり、施術回数自体を減らすことができるようになるともいわれています。間隔を空けるよりも注入し続けることで高い効果が得られるので、定期的にボトックス施術を申し込むと良いでしょう。複数回施術を受けることで割引してくれるような美容外科クリニックも存在するので、費用を節約したいという人は美容外科クリニックの公式ホームページをチェックしてみると良いでしょう。ボトックスは注入する量で、仕上がりは異なります。大量に注入すればするほどフェイスラインはスッキリしますが、あまりに初めから大量に注入すると効果が出過ぎで不自然な仕上がりになることがあります。初回は少なめに注入してもらって、様子を見て注射の本数を増やすといいでしょう。ボトックスは失敗したとしても半年ほどで効果は消えますが、半年間不自然な顔で過ごすことは苦痛なので、医師と適量を相談して自然な仕上がりにしてもらうことが大切です。また、ボトックスは最適な場所に最適な量を注入しなければ美しい小顔にはなりません。医師の技術やセンスが大きな影響を与えることとなるので、信頼できるクリニックに依頼することも大切だといえます。どんなに時間がなくとも、クリニック選びにはしっかりと時間を掛けましょう。インターネット上には美容外科クリニックに関する口コミがたくさん掲載されているので、特に希望がなければ評判の良いクリニックに依頼してみて下さい。ボトックスといえば、基本的に開発元であるアメリカのアラガン社製品を指します。しかし、近年は中国製や韓国製の粗悪なボトックスも出回っているので、あまりに治療費が安いところはどんな薬剤を使っているか確認してから施術を受けましょう。ボトックスは製品によっても効果は異なるので、アラガン社製品やイギリス製、ドイツ製の安全なボトックスを使用しましょう。